ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス(ネタバレ)~マルチバースに取り残されそうです

ポスター画像

元天才外科医で最強の魔術師ドクター・ストレンジの活躍を描くマーベル・シネマティック・ユニバースMCU)の「ドクター・ストレンジ」シリーズ第2作。2016年に公開されたシリーズ第1作以降も、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(18)、「アベンジャーズ エンドゲーム」(19)、そして「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」(21)など一連のMCU作品で活躍してきたドクター・ストレンジが、禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったことによって直面する、かつてない危機を描く。マルチバースの扉を開いたことで変わりつつある世界を元に戻すため、アベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチに助けを求めるストレンジ。しかし、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類に迫っていた。その脅威の存在は、ドクター・ストレンジと全く同じ姿をした、もう一人の自分だった。ドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチをはじめ、ストレンジの盟友ウォン役のベネディクト・ウォン、元恋人クリスティーン役のレイチェル・マクアダムス、兄弟子モルド役のキウェテル・イジョフォーら前作のキャストが再結集。物語の鍵を握る新キャラクターのアメリカ・チャベス役でソーチー・ゴメス、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役でエリザベス・オルセンも出演。「スパイダーマン」3部作(02、04、07)を大ヒットさせたサム・ライミが監督を務め、「オズ はじまりの戦い」(13)以来となる長編映画のメガホンをとった。

2022年製作/126分/G/アメリ
原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness
配給:ディズニー

 

 どうもNOTOです。

 

 左肩痛いのが結構きついです。

 ただでさえ50肩なのか右肩の痛みがぽつぽつ出るのに、左肩の神経痛も収まらなくて。せめてどっちかにしてほしいです。

 

 ま、そんな体調ですが、せっかくGWなんで映画でも行くかねと思いまして。

 GWが大昔映画会社の作ったコピーだ、なんてのは擦られ倒したGW雑学クリシェですね。だからNHKでは絶対GWとは言わないらしいですよ。

 

 そんな訳で、何か映画でも見よっかなー何て思ってた処、丁度初日だし観に行こうかと行ってきたんですが、何となく筋は解るんですが『ワンダヴィジョン』を観てないと厳しいのかな。私はMCUは映画でしか追ってないので。

 

 簡単すぎるあらすじとしては、ワンダが現実改変能力だかで出来た子供をマルチバースから奪ってくる為、うっかり他バースのアベンジャーズみたいな人たち(イルミナティ)をサクッと皆殺しにしたりしてたら、子供たちからドン引きされた挙句、そのバースのワンダから「私が愛情たっぷりに育てるから大丈夫(´ー`)」何て諭されちゃいましてね。

 最終的はダークホールドとやらを自分ごと封印して終わったましたよ。

 

 あれ、ストレンジさんは(;´・ω・)。

 いやもちろんストレンジさんも大活躍するんですけどね。タコを下ろしたり、ゾンビになったり、三つ目になったり。

 

 いや何か、おじさんもう設定が良く解らなくて

 

 マルチバースを行き来できる少女(アメリカ・チャベス)とその能力の争奪戦なのはわかるんですが、ダークホールドだと魂しか往来できないから彼女が必要て事で良いんですかね。スパイダーマンの時なんか、皆さん結構気軽にいらっしゃってた様な気もしますが。

 それとワンダってあんなに強かった?サノス倒せんじゃない貴女、って感じなんですよね。『ワンダビジョン』の間になんかあったんでしょうけど。

 

 映像は兎に角凄いんで、それだけでも十分観に行く価値はありますが。

 ゾンビや悪霊が出てくるところなんか「あぁ、サム・ライミ楽しそうだなぁ(*´ω`*)」って感じで。

 色んなマルチバースを通り抜けるシーンでアニメやペンキ!になったり、闇落ちストレンジと、音符と五線譜で戦うシーンとか面白い映像もありましたし。

 

 あと、プロフェッサーXをちゃんとパトリックスチュアートが演じてるのはおお!てなりましたよ。ジーングレイにやられたのと同じような目に遭ってましたが。

 

 MCUもこれからマルチバース展開で色々クロスオーバーするんでしょうけど、果たしてどこまで広がるのやら。

 ここにエターナルズ、XMAN、F4とかが絡むんでしょ。今でさえ神やら魔術師やら宇宙人やらで風呂敷がひろがりまくってるのにね。

 今作でもある人たち「弓矢使いや、虫が友達の奴に相談してどうする?」とかヒドいディスられ方をしてましたよ。ま、弓使いの人はすでに自虐してますけど。

 

 見る方も大変だし。

 私ゃもうドラマの方は追う気も無いです。映画だけでも30本近い作品を全部は観てないですし。

 

 とりあえず気になる作品は抑える程度の付き合い方で行こうかなと。

 

 TOHOシネマズ上野で鑑賞したんですが、劇場で何故か『THE BOYS』のステッカーを貰いましたよ。シーズン3楽しみですね。

 

ポケット入れてたら皺くちゃに…

 

 

 ではまた。

 

 

4月の走行距離~なんとか250㎞行きまして。

どうもNOTOです。

 

 右肩の痛みが酷くなってきましたね。普段痛みは無いんですが、ふとした拍子に筋が攣ったような痛みが走ります。棘上筋腱でも切れたのかしら。

 

 そんな訳で、今月の走行距離はこちら。

 今月は、天気が悪かったりワクチンを打ったりで、走れない日が結構多くて。ノルマ未達でもいいかなと思ったんですが、痛む右膝を引きずりながら何となく走ってしまいました。毎日10㎞ぐらい走ってると1時間以上かかりますし。

 

 ジョガーの皆様のブログなどを見ると、私ごときは散歩どころか匍匐前進程度のペースなんですが、ピッチを上げようとすると今度は膝にくるんですよね。

 

 体重も下げ止まり傾向ですし、もう走んのやめようかな何て思うんですが、止めたらまた太る一方だしなぁ…。

 とりあえず日常のルーティンに出来てる間は続けますかね。あまりノルマに囚われない程度で。

 

 ではまた。

 

 

 

 

ストロングゼロ地獄変~ロジャース 無敵ikka BLACKDRY CHU-HI

どうもNOTOです。

 

走ってると膝が痛みます。

走ってると気にならなくなる事が多いんですが、最近は痛みがちょっと残るんですよね。

 

そんな訳で今回の地獄変はこちら

 

無敵ikka BLACKDRY CHU-HI

定価:78円程度

炭酸:4 風味:2 甘味:1 アルコール感:4

 

 ある日ふらっと立ち寄ったロジャースで見つけましてね。最近はPB製品もなかなか見つからないなぁ何て思ったんですが、おお、こんな所に!って感じ。

 

メーカーはこちら 

 

はい、安定のアシードブリューです。

アルコール感が強いかなって感じはありますが、味わいはいつもと変わらずです。

販売先毎に味は変えてるんでしょうが、区別できる自信がありません。

ほら、先ずはさっぱり飲めるのが一番ですし。

 

原島ろぢゃミさんもお勧めです。

90年代あたりの同人誌を思い起す奇乳感ですね。

 

ではまた

 

ストロングゼロ地獄変~バリュープラス ストロングチューハイドライ

どうもNOTOです。

 右足首が痛いです。
 昨日走った時は何でも無かったんですがね、今朝起きたら何か痛くて。一応走ったら走れる程度なんですが。変に悪化するのも嫌だしなぁ。

 

 そんな訳で、今回の地獄変はこちら。

 

バリュープラス ストロングチューハイドライ

f:id:notooizq:20220413212413j:plain

炭酸:4 風味:3 甘味:1 アルコール感:2

本体価格:98円

 

 もうとっくに紹介してたかと思ってましたけど、やってませんでしたね。

 

f:id:notooizq:20220417201908j:plain

 

メーカーは安定のアシードブリューです。そんな訳で味も大体同じです。

 

レビューじゃねえよこんなの。

 

 いや、味覚音痴なもんでホントにすみません。ドライ系ってあんまり味の区別が付き辛いじゃないですか。

 でも、さっぱり感は強くて、気の抜けた感じは無いし、飲みやすい王道ドライテイストですよ。

 

 近所の京成リブレで買ったんですが、Vマークってのが私鉄系スーパーマーケット8社のPBらしいです。

 メーカーも供給先に合わせて微妙にテイストを変えてるんですかね?全く見分けがつかない自信はありますが。

 

 ま、そこまで味覚に鋭い人はそもそもストロング系なんぞ呑まないかと(´・ω・)。

 

 ではまた。

 

 

 

新型コロナワクチン3回目接種の副反応はこんな感じ~あくまで個人の感想(日記)

どうもNOTOです。

ワクチン打った左肩が痛いです。今までの2回と比べても痛みが激しいですね。

 

先日(3/13)コロナワクチンの3回目接種をしてきました。

特にワクチン懐疑派でもないので、2回目から半年経ったし打つかぁ位なノリで。

 

 前は予約がなかなか取れなくて、今回も面倒かなと思ったら、前回と同じ町医者にすんなり予約できましてね。やっぱり副反応とかのニュースを聞くとちょっとな…とか思う人も多いんでしょうね。

 

 私自体はそんなに副反応は無かったんですよ。

 

 翌日微熱が出たので、午前中一応大事をとって休んで解熱剤呑んで寝たら、午後には熱が下がって出勤できましたし。

 24時間後に発熱する何て話も聞きますから、これから来るのかもしれないですけど。

 

 ただ、注射した左肩はまだ痛いですね。ロキソプロフェンのシップを貼りましたが、まだ痛みは引きません。安静にしてると良いんですが、動かすとズキズキ来る感じです。

 

f:id:notooizq:20220414225143j:plain

 

 いちおう接種済証は貰いましたけど特に旅に出る予定もないですし。

 いつまで打ち続ければ良いんですかね?

 

 ではまた

 

 

 

 

 

 

ストロングゼロ地獄変~檸檬堂 カミソリレモン ホームランサイズ 

どうもNOTOです。

 

 寝てるとスネが攣りそうになります。ふくらはぎじゃないですよ、スネです。びっくりしますね、ホント。

 

 そんな訳で、久しぶりの地獄変はこちら。

 

檸檬堂 カミソリレモン ホームランサイズ

f:id:notooizq:20220408213934j:plain

炭酸:4 風味:5 甘味:1 アルコール感:1

350ml缶/150円、500ml缶/210円(消費税別)

 

メーカーは言わずと知れたコカ・コーラこのシリーズが出た当初は、とうとう此奴がやってきたか!とチューハイ界隈が騒然としたもんですな(どの界隈?)。

 

物凄いさっぱり飲めますよ

口に含んだ瞬間、檸檬の爽やかな酸味がパアッと広がって、アルコール臭をほぼほぼ感じません。9%なのに(;´・ω・)。

そんな感じですいすい飲めるのでいつの間にか気絶して、頭痛と共に気が付いたら目の前に空き缶が2~3本と言う恐怖の事態が…。アル中怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

 

お酒弱めだけど、人生の憂さを速攻で消し去りたい方に超おすすめです。

 

ちなみに私のほぼほぼ感は強め方面です。

open.spotify.com

2:45~あたりからの話ですね。

 

 何てお勧めしといて、実はこのカミソリレモン、メーカー終売になってましてね。

 そんなもん何今更レビューしとんじゃ、話なんですけど。実は近所のスーパーで特売されてまして。

 

 ふと見たら、棚の隅っこで特売されてたんで、とりあえず1ケース買ったんですよ。

 で、翌日またそのスーパーに行ったらほとんど残ってなくて、店員さんに何となく「さすがにケース売り切れたねー」なんて言ったら、ちょっと待ってください、て言ってバックヤードに行ってしまって、もしや…と思ったら

 

 「1ケースだけ残ってましたよ(´▽`)!」って嬉しそうに持ってきたもんですから

 「お、おぅ(;´・ω・)」って感じで買ってしまって。

 家で2ケース積んだカミソリドライを眺めながら「飲み出があるぞこりゃ(;´・ω・)」何て思ってたんですよ。

 

 それから何日かしてから件のスーパーに行ったら、カミソリドライがレジ前棚のエンド三尺1面にフル陳列ですよ。最後の1ケースじゃなかったのかよ。

 

エンドってここです↓

f:id:notooizq:20220410221102p:plain

 

帰ってからスーパーで働いてる妻に聞いてみたんですよ。

「本部でさ、POSデータとかで、『おい、あの店舗、9%ロング缶を毎日ケース買いしてく馬鹿がいるぞ。在庫あの店舗に突っ込んでまえ』とかチェックしてんのかなぁ」

 「POSデータでそこまでチェックはできないけど、お店であだ名ぐらいはついてる可能性はある。『ホームランアル中』とか『カミソリデブ』とか

(´;ω;`)

 

 兎に角まだ1ケースほど残ってましてね。先述した通り飲みやすいんで、あんま飲み過ぎないように気を付けて飲んでいこうかと。

 

 ではまた。

 

 

 

お花見できました(日記)

どうもNOTOです。

頭が少し痛いです。ちょいと飲み過ぎましたね。

 

そんな訳で先週行けなったんで、行ってきました、お花見。

 

近所の公園にいったんですよ。

もうほとんど散ってるかなと思ったし、実際散ってましたけど、思ったよりは花も残ってましてね。

f:id:notooizq:20220410224154j:plain

 

日中は暑いぐらいの陽気だったんで、のんびりとお花見が出来ましたよ。

 

f:id:notooizq:20220410224419j:plain

先週はお寿司だったんで、今週はサンドイッチにしました。

 

色々あって出来ませんでしたけど、何のかんの言ってもやっぱり外で広々とお弁当広げるのも良いものですな。これぞ日本のお花見って感じで。

 

ま、相変わらず感染予防に努めながらですが。

 

ではまた。